コラム│川口市 鳩ヶ谷や新井宿で歯科・歯医者をお探しの方は【川口ガーデン歯科クリニック】へ

048-287-3939

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00

★:土曜は18:00まで 休診日: 水曜・日祝
*受付は診療終了の30分前まで
*祝日がある週は水曜日も診療いたします

コラムColumn

子どもの歯と大人の歯は、どう違う?

皆さんこんにちは。
川口ガーデン歯科クリニックです。

 

お子さまの歯は小さいだけでなく、大人の歯とは違う特徴がいくつかあります。

当院の小児歯科では、お子さまならではの特徴やお子さまの発育状況などを踏まえて、お子さまの歯の治療や予防を行っています。

大人の歯とは違う、お子さまの歯の特徴とはどんなものなのかお伝えいたします。

 

乳歯は歯質が弱め

乳歯は大人の歯に比べて、エナメル質や象牙質の厚みが半分くらいしかありません。

そのため酸に弱く、大人の歯よりも早くむし歯になってしまいます。さらに一度むし歯になってからの進行も早く、2~3カ月くらいで歯の神経にむし歯が達することもあります。

 

生えてまもない永久歯はエナメル質が未成熟

生えてまもない永久歯も、実は大人の歯とは違った特徴があります。

顕微鏡で見ると、生えてまもない永久歯の表面のエナメル質は粗く、未成熟なことがわかります。

そのため歯垢がつきやすく、むし歯になりやすいのです。

永久歯が大人と同じような歯質になるには、生えてから2~3年ほどかかります。

粗いミネラル質はだ液などからミネラル分を取りこむことで、だんだんと硬く育っていくのです。

 

乳歯も生えてまもない永久歯も予防をしっかりと

乳歯と生えてまもない永久歯は大人の歯よりもむし歯になりやすく、進行も早いため、大人の歯よりもしっかりと予防に取り組む必要があります。

まず、毎日の食事後には歯を磨きましょう。

できればフッ素入りの歯磨き剤を使い、乳歯の場合は生え揃ってきたら歯間ブラシなどで歯と歯の間を磨くこともおすすめです。

また、定期的に歯科医院にお越しいただき、予防ケアを受けていただくことでよりしっかりとむし歯予防をすることができます。

 

当院の小児歯科では予防にも力を入れています

当院の小児歯科では、お子さまのむし歯予防を大切にしています。

お子さまに歯医者さん好きになっていただけるように楽しいキッズルームを設置し、明るい雰囲気でゆっくりと診療を行います。

院長もスタッフも子ども好きで、歯科医院が苦手なお子さまにも優しく対応いたします。

お子さまにむし歯ができた時はもちろん、予防のためにもぜひ定期的にお越しください。