コラム│川口市 鳩ヶ谷や新井宿で歯科・歯医者をお探しの方は【川口ガーデン歯科クリニック】へ

048-287-3939

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00

★:土曜は18:00まで 休診日: 水曜・日祝
*受付は診療終了の30分前まで
*祝日がある週は水曜日も診療いたします

コラムColumn

子どものむし歯の治療方法

皆さんこんにちは。

川口ガーデン歯科クリニックです。

子どもの歯は、大人の歯と異なる部分が多々あります。

そのため、治療法も若干異なるのが現実です。

そこで今回は、子どものむし歯の特徴や治療法についてわかりやすく解説します。

 

むし歯になりやすく進行も早い

子どものむし歯の特徴として、まず知っておいていただきたいのが「むし歯になりやすい」「進行が早い」という2点です。

これは乳歯が永久歯よりも未成熟であり、さらに歯質の厚みが半分しかないことに起因しています。

これは子どもの歯に共通している特徴なので、しっかり把握しておきましょう。

 

早期治療が何より大事

上述したように、子どものむし歯は進行が早く、歯質がどんどん溶かされていってしまいます。

その結果、歯髄炎を引き起こし、激しい痛みを伴うようになるため注意しましょう。

また、隣の歯にむし歯がうつるリスクも大きいことから、早期治療が何より重要となります。

ですから、むし歯の存在に気が付いた時点で、すぐに当院までお越しください。

理想をいえば、予防するのが最善なので、むし歯なる前に検診を受けることをおすすめします。

 

むし歯を削らない方法もある?

乳歯特有のむし歯治療として、「サホライド」と呼ばれるものがあります。

これは歯の表面に塗布することで、むし歯の進行を抑える方法です。

むし歯の根本的な治療とは言い難いのですが、やむを得ず適応することがあります。

それは、歯を削るのがどうしても怖い、あるいは難しいケースです。

そのまま放置して周囲の歯や組織に悪影響を及ぼすくらいなら、その進行だけでも停止させよう、という考えのもと行われる治療法です。

ちなみに、サホライドを用いると歯の表面が黒く着色されることから、永久歯に対して行われることはまずありません。

 

まとめ

このように、子どものむし歯の治療方法は、大人のむし歯とは異なる部分がありますので注意しましょう。

そんな乳歯のむし歯についてお悩みなら、川口ガーデン歯科クリニックまでご相談ください。

お子さまにとって最善といえる治療法をご提案します。