コラム│川口市 鳩ヶ谷や新井宿で歯科・歯医者をお探しの方は【川口ガーデン歯科クリニック】へ

048-287-3939

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00

★:土曜は18:00まで 休診日: 水曜・日祝
*受付は診療終了の30分前まで
*祝日がある週は水曜日も診療いたします

コラムColumn

乳歯のむし歯はどこにできやすい?

皆さんこんにちは。
川口ガーデン歯科クリニックです。
 
乳歯をむし歯にしないためには、むし歯のできやすい箇所を特に注意して磨くようにするのが、おすすめです。

年齢別にむし歯のできやすい箇所はどこか、どんなむし歯ができやすいかなどをチェックしておきましょう。

 

 

むし歯のできやすい場所は年齢で変わります

むし歯のできやすい場所は、お子さまの年齢によって変わります。

お子さまは成長するとともに、食事内容が変わり、生えている乳歯が増えていくからです。
 
特に奥歯は歯ブラシが届きにくく磨きにくいので、むし歯になりやすいポイントです。
 
なお、乳歯は大人の歯よりも表面のエナメル質が薄く、酸に弱いため、むし歯になりやすいものです。

むし歯ができやすい場所は磨き残しがないように注意して磨き、それ以外の場所も丁寧に磨くように心がけましょう。

 

 

3歳までは上の前歯、歯と歯の間、歯のつけ根に注意

3歳までのお子さまの場合は、上の前歯がむし歯になりやすいです。

また、歯と歯の間、歯のつけ根もむし歯になりやすいので注意しましょう。
 
なお、下の前歯は上の前歯よりもむし歯になりにくいです。
それは、下の前歯の裏側には唾液の分泌腺があるため、常に唾液で歯が洗われ、酸に溶けた歯を唾液のミネラル分が修復するからです。

 

 

3歳からは奥歯の溝、奥歯と奥歯の間に注意

3歳以上のお子さまは、奥歯の溝、奥歯と奥歯の間に一番むし歯ができやすくなります。
 
なお、6歳頃からは6歳臼歯という永久歯の奥歯が、歯列の一番奥に生えてきます。

今まで以上に歯ブラシが届きにくく、溝も深いため、特にむし歯になりやすい歯です。

 

丁寧に歯を磨くとともに、歯科素材で溝を埋める予防ケア「シーラント」を歯科医院でやってもらうのもおすすめです。

 

 

ほ乳ビンむし歯にも気をつけて

乳歯が生えてまもない赤ちゃんに時々見られるのが、「ほ乳ビンむし歯」です。

ほ乳ビンでイオン飲料やジュースを飲み続けさせていると、その糖分が上唇の内側や上の前歯にくっつき、むし歯になりやすくなるのです。
 
乳歯はむし歯になりやすく進行も早いので、ほ乳ビンむし歯になると、あっという間に上の前歯は溶かされていきます。
そのため、歯ぐきから出た上の前歯のほとんどがむし歯で溶けて黒ずんでしまう赤ちゃんもいるのです。
 
ほ乳ビンむし歯を防ぐためには、ほ乳ビンはミルクの授乳以外には使わず、離乳食が進んだら卒乳を進めるのがおすすめです。
 
また、小さなお子さまの水分補給には水や麦茶など、糖分を含まない飲み物をあげるようにしたいですね。

 

 

むし歯かな?と思ったらすぐご相談を

むし歯ができたらできるだけ早く治療することで、歯へのダメージを抑え、治療も短期間で済ませることができます。
 
当院ではお子さまのために、広くて楽しいキッズルームをご用意しています。
また、ゆっくり時間をかけて、お子さまのペースで治療を進めています。
 
むし歯に気がついたら、当院に治療をお任せください。