コラム│川口市大字里で歯科をお探しの方は川口ガーデン歯科クリニックまで

048-287-3939

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00

★:土曜は18:00まで 休診日: 水曜・日祝
*受付は診療終了の30分前まで
*祝日がある週は水曜日も診療いたします

コラムColumn

むし歯の症状は進行度によって変わる

皆さんこんにちは。

川口ガーデン歯科クリニックです。

むし歯といえば「歯痛」がまず思い浮かぶかと思いますが、それ以外にもさまざまな症状が現れることがあります。

そんなむし歯の症状のバリエーションを知っておくと、むし歯を早期に発見することも可能となります。

そこで今回は、進行度によって変わるむし歯の症状をわかりやすく解説します。

 

痛みがないむし歯

歯痛が生じていない場合は、進行度が比較的浅いことを意味します。

初期のむし歯やエナメル質に限局したむし歯は、歯の神経へと刺激が伝わらないことから、基本的に痛みを感じることがありません。

歯を削る際、麻酔を打たなくても良いのはそのためです。

 

痛みがあるむし歯

歯痛が生じている場合は、病変が象牙質に及んでいるか、歯の神経そのものがむし歯菌に侵されていると判断できます。

冷たいものや甘いもので痛みが生じるだけではなく、安静時にもジンジンと痛むようになることも珍しくありません。

ただ、むし歯がさらに進行すると、痛みが消失することから、「自然に治った」と勘違いしないよう注意しましょう。

 

末期のむし歯は痛みがない

むし歯も末期の段階まで進行すると、痛みを感じる神経が死んでしまうため、これまで生じていた激痛もウソのように消えてなくなります。

それでもむし歯は依然として残存しているだけではなく、さらなる病変の拡大を模索していますので、早急に治療を受けるようにしてください。

 

むし歯はどこまで拡大する?

むし歯を放置し続けると、歯の根の先に膿の塊をつくります。

また、顎の骨に炎症を引き起こすことも珍しくありません。

最悪のケースでは、「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」という、その他の身体の部位まで細菌感染や炎症が広がってしまいますので十分に注意しましょう。

 

まとめ

このように、むし歯というのは、痛みの有無や質によって、ある程度進行度を推測することが可能です。

痛みがなくてもむし歯になっていることは多々ありますので、少しでも「むし歯かな?」と感じたら、すぐに当院までご連絡ください。