コラム│川口市大字里で歯科をお探しの方は川口ガーデン歯科クリニックまで

048-287-3939

診療時間
09:30~13:00
14:30~19:00

★:土曜は18:00まで 休診日: 水曜・日祝
*受付は診療終了の30分前まで
*祝日がある週は水曜日も診療いたします

コラムColumn

どんなときに根管治療が必要になる?

皆さんこんにちは。

川口ガーデン歯科クリニックです。

根管治療は、とても長い期間がかかる処置なので、できることなら受けたくないという人が多いことかと思います。

ただ、根管治療を行うことによって、本来は抜かなければならない歯も保存することが可能となる場合もあります。

それだけに、根管治療をしっかり完結させるメリットは大きいといえます。

今回はそんな根管治療が必要になるケースについて、わかりやすく解説します。

 

重症度の高いむし歯に適応される

根管治療というのは、一般的なエナメル質のむし歯や象牙質のむし歯には適応されません。

そういった比較的進行度の浅いむし歯では、「露髄(ろずい)」と呼ばれる現象が起こっていないからです。

むし歯菌によって侵されているのは、歯冠部のエナメル質や象牙質のみなので、病変部をドリルで削るだけで完治させることが可能といえます。

そこで気になるのが「露髄」についてですね。

 

露髄ってなに?

露髄とは、歯の神経や血管から構成される「歯髄(しずい)」が露出する現象です。

むし歯が重症化すると、溶解する歯質の量も増え、自然と露髄が起こります。

中等度のむし歯であっても、歯を削る上で露髄が避けられないこともあります。

神経が口腔内に露出してしまうと、無菌状態を維持することは不可能となり、根管治療の必要性が高まります。

 

歯を残すための治療法

根管治療を開始すると、歯髄はもちろん、根管内の汚染物質もきれいに取り除かなければならなくなります。

それだけに、大変な手間と時間がかかるのですが、歯を残すための治療法であることから、成功させる意義も大きいといえます。

ですから、根管治療が必要となったら、頑張って最後まで治療を終わらせましょう。

 

まとめ

このように、根管治療は歯の神経がむし歯菌に侵されるなど、そのままの状態で放置できないケースに適応されます。

当院ではそんな根管治療に歯科用CTを活用しておりますので、精密な処置を施すことが可能です。

他院で抜歯以外ないと診断された場合でも、一度当院までご相談ください。

もしかしたらかけがえのない歯を残せるかもしれません。